2010年08月16日

マリン4歳になりました♪

今日16日はマリンが我が家に来てから2度目の記念日揺れるハート

マリンが来て初めての記事はコチラ
マリンを迎えた経緯はコチラをご覧くださいね。
来た頃の写真、今見るとモップだわね・・。

ルーフィーおかんさん ありがとう.jpg

(随分時間が経ってしまったけれど、ルーフィーおかんさんから頂いた暑中見舞いカードるんるんこのかぶり方は初めて見たぁ〜〜〜ハートたち(複数ハート)見た瞬間に吹き出しちゃいました(*≧m≦*)ププッ 二人とも可愛すぎますッ )

2歳くらい、と言われていたマリンを我が家に迎えた16日をマリンの誕生日、としたので、今年で4歳ぴかぴか(新しい)
マリンにとって、この一年はどんな一年だったかな?
楽しい、って思ってもらえていたら嬉しいなるんるん

ちこさん ありがとう.jpg

(マリンの誕生日直前にちこさんから届いた誕生日カード黒ハートお誕生日を覚えててくださってアリガトウでしたー(長音記号1)
ちょろぽてちんのお手手がぁぁ〜〜揺れるハートどうしたらこんな加工が出来るのかものすご〜〜く疑問に思った一枚・・。今度教えてくださいね!!)

身重の身体で保健所で保護され、そこで出産したマリン。
子育てすら放棄していたマリン。
『Happy Labs』という保護団体のボランティアさんに保護され、徐々に心のリハビリをし、子育てもして、子供達を一足先に送り出したマリン。


複雑な経緯を持っているマリン、うちに来てからもやっぱり置いて行かれる、という不安は持っているみたいなんです。
ドッグランでどんなに楽しそうに遊んでいても、たとえ安心できるおうちでのお留守番でも。
パパよりもママ、なマリンはママが居なくなることがすごく不安みたいで、ランなどでママが離れたり見えなくなると『置いて行かないでぇ〜〜〜exclamation×2』って訴えています・・。

スヤスヤzzz.jpg

(今日の写真はここ最近の日常のひとコマです。基本的にテーブルの上には乗っちゃいけない、って教えてるんだけど、ここがひんやりしてて好きらしい・・)


普段ほとんど声を聞くことがないマリンだけど、最初の頃お留守番させると叫んでいました。
滅多に鳴かない子だからどこのうちの子が鳴いてるんだか分からなくて耳を澄ましてみたら、うちだった・・って時は焦りましたよ顔(なに〜)
まさかマリンがそんな風に鳴くなんて・・って思ってたから。
今ではママは帰ってくるんだ、って思えるようになったらしく、家でのお留守番では鳴くこともありません。
少しは信頼できるようになったのかな?
(あ、パパに対しては朝行ったらしばらく帰ってこないって分かってるみたいで鳴きませんけどね・・。出張中もアンジェラの真似なのか、アンジェラがピーピー言ってる時だけ一緒に便乗してたけど、自主的にパパを探すってことはしてませんでした。ランではアンに便乗してる感じ・・。)

眠い・・・.jpg

(一方マリンは何度か乗ろうとして怒られてからは乗ろうとはしません。こういうとこお利口さんだなぁって思うんですよねぇ。)

元々甘えん坊で、自分の子を押しのけてでも撫でて〜とアピールするほどのマリン。
もちろん、今でもアンジェラが撫でられている側に来てアンジェラを気にすることなくゴロンしてアンに体当たりしてまで撫でて〜とアピールするので、気持ちよく撫でられてたアンジェラに怒られることも多いんです。
でも、そんなことでめげるようなマリンじゃないので、結局アンジェラがその場を離れる・・なんてことも。

眠いんですけど・・.jpg


一人っ子だったのかな?って思うんですよね。
自分が気に入った子と遊ぶことはするけれど、基本的に自分が中心、と思っているところがあるというか。
人の顔色はよく見ているけど、アンジェラの顔色はあまり気にならないみたい(*≧m≦*)ププッ

ママ、何か用?.jpg



アンジェラも一人っ子だったから、わがままなところがあって、お互い言いたい事言い合ってる様な関係だけど、それはそれでうまくいってる気がします。

つらい過去を忘れられるとは思わないけれど、マリンが楽しかったよ、幸せだったよ、って思えるようにこれからもママやパパ、頑張るからねグッド(上向き矢印)

アンジェラとも楽しく過ごしてね揺れるハート

近くにも座るよ.jpg

(自分がくつろいでいる時には近づくと怒るのに、自分からならマリンの近くにも行くアンジェラ・・)

そうそう、先日、モモのことでパパにお願いして一晩私が家を開けた日は二人揃って玄関を見つめてたみたいです( ̄▽ ̄;)
ママが帰ってこない日なんてないから、どこに行っちゃったのか、いつ帰ってくるのか不安だったんだろうね。
帰宅した時は大喜びでお出迎えしてくれましたー(長音記号1)
たまにはこんな風にお迎えしてもらうのもいいもんだわね( ̄∀ ̄*)イヒッ

一応仲良しですけど・・.jpg

(マリンはアンが怒りさえしなければ、近づかれようが何だろうが気にしません。もっと仲良しになってくれたらママとしては嬉しいけどな〜)

ニックネーム AMママ(あむまま) at 22:56| Comment(38) | TrackBack(0) | マリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

イメージチェンジ♪

マリンの毛って、チョコチョコ切ってやらないと、目に毛がかかるので、頭の毛を結ぼうかなぁ・・と考えて、しばらくの間伸ばしていたんですね。
ほら、ヨークシャーテリアとか、シーズーとかで、結んでる子、いるじゃないですか!
アレを目指してみたんですグッド(上向き矢印)

でも、その伸ばしている過程でも、やっぱりモサモサ感が気になってしまったアタシ・・。


昨日、思い切ってママによるトリミング実行しちゃいましたexclamation×2
プロのトリミングに出したのは最初の一度きりで、それからはチョコチョコと切ってあげてるんですはさみ
だって、マリンさん、人間並みに伸びるの早いんだもん・・。
1ヶ月に1cmくらい伸びてるんですよ!!
それを毎回トリミングになんて出してたら、勿体ないわぁ〜顔(え〜ん)

マリンの毛って、クセっ毛で、ママのいい加減なカットでもそんなに段々が目立たないから、ザクザク切っちゃいます顔(イヒヒ)

昨日のカット前までのマリンが、こんな感じ下

モサモサ・・

ね、モサモサしてるでしょ?
コレはこれで可愛いんだけど、遊びだすと毛が目に入ったり、ご飯食べた後も口の周りやら耳やらご飯だらけになるんです・・。
寝起きも結構涙や目やにがたくさんで・・。

なので、思い切って、バッサリ行っちゃったグッド(上向き矢印)

イメージチェンジ♪.jpg


本来のマリンの顔の輪郭って、ヨークシャーテリアっぽい感じなんですexclamation
性格も正にテリアな感じで、陽気でマイペース。

そんなマリンの個性に合ってるひらめきと思うのはアタシだけかな?

お顔がスッキリしてもやることは一緒ですけどね・・顔(ペロッ)



ちなみに、マリン、来た当初は『フセ』ってしなかったんです。
元々、オスワリは出来るけど、人の近くに行くとゴロンってしちゃうからそんなにフセの体勢になることもなくって・・。

この1〜2週間くらいで習得しましたよぴかぴか(新しい)
どうやって教えたら伝わるのか、に悩んでいたのですが、やっと伝わったみたいるんるん

フセも出来るよ♪.jpg

『フセexclamation』って言うと、隣でアンジェラがトリャッexclamation×2ってな勢いで伏せるのですが、マリンはノソノソ・・・よいしょ・・。ハイ。しました。って感じ。

二人の違いも面白いですわーい(嬉しい顔)

共通点といえば、二人とも食べ物に目がないところかなぁexclamation&question
美味しい物をくれた人は覚えていて、見つけると近くに行って座ってますから・・・。
貰えば貰ったで次が出てくるのを待ってますから・・顔(なに〜)

でも、アンジェラはその人に対しても吠えちゃうあせあせ(飛び散る汗) 
美味しい物はほしいけど、怖い顔(泣)みたい・・。

マリンは、美味しい物をくれなくっても人は好きグッド(上向き矢印)
でも、美味しい物をくれる人はもっと好きるんるん

ホント、面白い。


二人を飼うようになって、色んなワン友と知り合うことが出来たけど、同じ犬種でも全く性格が違うし、犬種が違っても似てる子もいる。
個性なんだな〜って思いますね。

個々の個性を生かして、いいところは伸ばして、修正しなきゃいけないことは修正してあげたいなって思ってます。


アンジェラの人馴れは、時間がかかりそうですけどね・・ふらふら
でも、何度も会ううちに徐々に慣れているんだな、って感じられるようになりました。
何度も会って、一緒に居たり、構ってもらったりしているうちに、この人は怖くないんだ、って思うみたい。

今日なんて、公園でよく会う『ラル』君のママさんにリードを持たれて、最初ガウガウしていたくせに逃げられないことが分かって怖くなったみたいで、しまいにはキュンキュン言ってましたから・・。

アンジェラの場合、先制攻撃で吠えて威嚇してる感じです・・。
存在消してる位の子も居るのにねぇ・・。
『あたちの方が強いんだからexclamation×2』って威張っても、あなたの方がビビリだから・・。

強気なビビリ。とアタシは呼んでます顔(汗)
ニックネーム AMママ(あむまま) at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | マリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

マリンのこと。

早いものでマリンが来てから10日が経ちました。

マリンを保護していただいていた預かりさんにも連絡をして、マリンを正式に我が家に迎えたい、とお伝えしました。

今日は、そんなマリンについて話をしたいと思います。


マリンは2008年2月19日、長野県佐久保健所にて保護されました。
それ以前の事は分かりません。放浪していた所を通報されて保護されました。

飼い主が保健所に持ち込んだわけでも、迷っていて保護されたわけでもなく、明らかに飼育放棄で保健所にたどり着きました。
大事な我が子が迷子なら、探して当たり前ですよね?それを探さないんだから、捨てた、ということになりますよね。


保健所に保護されたマリンのお腹には4頭の子が居ました。
保健所に保護されて2日目で出産をしたマリン。
放浪し続けていた妊娠中のマリンには栄養が足りなかったんでしょう。
不幸にも、2頭が死産、という形でした。

保護された当時のマリンは、手入れなどをされていた様子はなく、お散歩にも連れて行ってもらっていなかったのであろう、という肉球の様子だったそうです。


保健所から預かりさんのお宅に連絡が行き、お迎えに行った時、マリンは育児放棄していたそうです。
自分自身でさえも、ままならない状況にあったマリン、子供の面倒を見るどころではなかったのでしょう。
肉体的にも、精神的にも追い込まれていたマリン。
一歩間違えば、マリンの命すらなかったかもしれないのですから。


預かりさんのお宅に行ってからも、しばらくの間は子供たちの面倒を見ることが出来なかったようで、預かりさんも子供達を離そうか悩んだそうです。もちろん、やせ細っていたマリンはおっぱいも充分に出ていなかったようで。

ですが、高栄養の食事を与えるようになってから、徐々に子供たちの面倒も見るようになり、残った2頭の子育てを立派に終えたそうです。

その子供達は、一足先に里親さんが見つかり、幸せになっています。



マリンにも、もちろん沢山の方から里親を名乗り出る問い合わせがあったそうです。その容姿や『ダックス×ヨーキーMIX』と今流行のMIX犬である、というコトからもお問い合わせが多かったのかもしれませんね。

お問い合わせのほとんどが『譲渡の際にお宅を訪問します。写真を撮らせていただきます。譲渡後にも成長の確認をさせていただきます』などの約束事をお話しすると連絡がつかなくなる、というような方だったそうです。
もしくは、『旅行のついでに見て、連れて帰りたいのですが』と話されるとか・・。

譲渡の際に自宅を訪問する、自宅などの写真を撮る、というのは、きちんとした飼養環境であるか、里親詐欺などではないか、などの確認の意味が込められています。
成長後の確認をするのも、そういった理由から。

それが出来ない、ということは、せっかく救った命を信頼できない人間に引き渡すようなもの、私はそう考えます。

『旅行のついでに・・』というのも、あまりにも安易です。
お土産を買って帰るような感覚なのでしょうか?
ペットショップではないんです。
お金を払わなくってももらえるから、そういった理由で保護されているワンコを飼おうと思うのでしたら、飼うのはやめてください。
保護されているワンコには、今までの経緯からも、心に傷を負っている子が沢山居ます。
ワンコにも、感情があります。
簡単に手に入れた子を大事にするとは考えられない、私はそう思います。


マリンは、『バイバイ』という言葉が嫌いです。
『また置いていかれてしまう』そう考えるのかもしれないな、と私は思っています。
ブリーダーさんから譲ってもらったアンジェラでさえ、『バイバイ』は嫌いです。
楽しく遊んでいたのに、そのお友達が居なくなっちゃう、パパやママが居なくなっちゃう、と思うのでしょう。
慌てて走ってきたり、ピーピー鳴いたりしますから。


マリンが手入れなどをされていなかったようだ、とは前述しましたが、それは、ブラッシングの際などからも様子が伺えたそうです。
今でも、ブラッシングをしようとすると嫌がったりブラシを噛んだりして遊んでしまうことがあります。

足を触られるのも苦手です。
シャンプーも苦手、お顔のお手入れも苦手、お手入れ全般において、仕方なくやらせているような感じを受けます。
小さい頃からされ慣れているアンジェラとは、少し違います。
もちろん、性格の違いだったり、私達との関係がまだ短いせいもあるとは思うのですが、観念するまでが長い。


推定年齢1〜2歳のマリン、テリアの気質がそうさせるのか、もともとそういう性格なのか、かなりハイテンションです。
ご飯の時も、ジャンプして『早くちょうだ〜〜い』と要求してきますし、『マテ』も、徐々に長く出来るようにはなっていますが、『待てないぃぃ〜〜』と、ご飯ににじり寄ったり、匂いを嗅いだり。
遊び方も、ハンパないです。
アンジェラが眠かろうが、なんだろうが遊びを仕掛け、『遊ぼうよ〜〜』と誘ってみたり、他の子ともダーーーーーッダッシュ(走り出すさま)っとダッシュを繰り広げてみたり・・。

アンジェラより若かったりして??って思ってしまうくらいの落ち着きのなさ・・。(でも、初めてのヒートで子供が出来たとしてもおおよそ1歳半くらいなので、アンジェラよりは確実に年上なんですけど・・)

預かりさんのお宅では、沢山のワンちゃん達と遊んでいたようで、そんなところから我が家に来た物だから、尚更・・なのかもしれません。
遊び相手はアンジェラやママ、パパ。
一緒に走ったり、プロレス出来るのはアンジェラくらいしか居ませんから。

まだまだ若いマリンは、アンジェラよりもイタズラっ子です。
座布団を噛んだり、柱をカジったり、大好きなコードもカジってみたり・・。

アンジェラは一年私達と生活することでイケナイ事が、何なのか、何をしたら怒られるのかを学んでいます。
マリンはこれから、ですね。


マリンを保護し、大切に守ってくれた『Happy Labs』のような団体さんは国内にも沢山あります。
個人でボランティアとして保護されている方も数え切れないくらい居ます。

どの子も、我が子と同じ大切な命。
そう考えるからこそ保護したり、里親を探されたりしていらっしゃる方ばかりです。

だから、どうかお願いです。
里親になろうかな、と考えている方も、そうでない方も、もう一度よく考えてみてください。
買い物のついでだから、とか、家まで来られるならいいや、ではなく、大切な一つの命を守っていかなくてはいけないのだから、よく考えた上で家族を迎えてください。

ペットショップで買うのもブリーダーから買うのも同じです。
その命が尽きる最期の時まで一緒に居られますか?
最期を看取るつもりで飼おうと思っていらっしゃいますか?

その子が家族になったなら、その子だって、『最期の時まであなたと居たい』と考えています。

買う事は簡単です。
でも、飼う事はそうそう簡単ではありません。
時間も、お金も、その子に費やす必要があります。

それだけの覚悟を決めて動物を飼ってください。

偉そうなことを長々と書きましたが、私自身も、毎日模索しながらの日々です。
アンジェラにとって、マリンにとって、私達夫婦にとって、みんなが幸せになれるように過ごそう、その為にはどうしたらいいかな?
いつも、そう考えながら過ごしています。

どうか、あなたも・・・。


ニックネーム AMママ(あむまま) at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | マリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする