2010年10月06日

アニマルコミュニケーション マリン編

朝晩涼しくなりましたねぇ。
風邪などひいてませんか?

パパは出張へと旅立ちましたダッシュ(走り出すさま)
連絡はありませんが、無事着いていると思います( ̄m ̄*)プッ


さてさて、アンジェラ、実家の猫ミーシャに続いてマリンのアニマルコミュニケーションも受けていましたー(長音記号1)

マリンについて悩んでいること、というと食糞してしまうことたらーっ(汗)
家に居る時はすぐに片付ける、って方法で防いでいるんだけど、お留守番の時は必ずと言っていいほど食べてある・・。
留守番前に誘導してウンPさせてから出かけるようにはしているんだけど、しないことももちろんあって・・。

フリーで留守番させているとアンジェラはウンPの匂いが嫌なのか、敷物の上に持ち出して食べているマリンが嫌なのか他の部屋で丸まっていることが多いみたい。
マリンはそんなアンジェラのことなど気にもせずに敷物の上にブツを運んで食べているらしく、敷物の上にはカスや跡が残っていることがありましたふらふら

数十分のお留守番でも食糞してることがあって、帰宅してそれを見つけるともうガックリ・・。
そんな様子なので、うんPしそうな時はケージでのお留守番。
留守番の度に敷物を洗うわけにもいかないからね・・あせあせ(飛び散る汗)

そんなマリンがどうしたら食糞をやめてくれるのかが知りたくて、お願いしました。
今回もお願いするにあたってコミュニケーターさんには二枚の写真と、名前や性別など基本的な情報のほかに相談する内容(今回は食糞について)をお伝えしました。


飼育放棄され、保健所に保護されるまでの期間がどのくらいあったのか、どんな日々を過ごしていたのか、それを知ることは出来ないけれど、保護された時には毛は伸び放題、ひどい状態で保護されたそうです。
そんな影響もひょっとしたらあるのかも。


アンの時もミーシャのときも長くなっちゃったんだけど、やっぱり今回も長いですあせあせ(飛び散る汗)
お時間のある方は続きからを覗いてくださいませ。

続きを読む

ニックネーム AMママ(あむまま) at 19:30| Comment(10) | TrackBack(0) | アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

アニマルコミュニケーション (ミーシャ編)

読み逃げばかりでゴメンナサイたらーっ(汗)
PCの容量はかなり軽くなって、いい感じに動くはずなのに、暑いせいか動きが遅いの・・。
で、訪問するのが真夜中ってことも多くてあまりコメントを残せずに居ます・・。
ポチ逃げ読み逃げが多いけど、時間のある時はコメント残すからね〜〜あせあせ(飛び散る汗)

以前、アンジェラのアニマルコミュニケーションについてのお話をしましたよね。
その時の記事はコチラ下
アンジェラ編@
アンジェラ編A

今日は実家で飼っていて13歳で亡くなった猫、ミーシャのアニマルコミュニケーションについてお話したいと思います。

DVC00188.JPG

(ミーシャです)

前回はあまりにも長くて読むのも大変だっただろうな・・と思うので、今回は編集して短くしてみました。
と言ってもやっぱり長くなっちゃったんだけど・・顔(汗)


今回も前回同様、名前などの情報と写真をお渡ししてお願いしたのみ。
(ちなみに、アンジェラとのセッションをお願いした方とは別の方にお願いして聞いてもらいました。)

亡くなってから三年が経っても、『あぁしてあげていれば違ったのかな・・』『最期は苦しかったのではないのかな?』って思うことも多くて・・。
その気持ちは看護学校在学中や、就職後しばらく自宅を離れていた私よりも母の方が強いはず・・、そう考えて、少しでもミーちゃんの気持ちが分かったら嬉しいな、と思ってお願いしました。

みーしゃ.jpg

(母のおなかでくつろぐミーシャ)


実家には亡くなったミーシャを筆頭に今年16歳を迎えたクレイ、13歳になるブラウン、7歳の兄妹モモと姫が居ます。
ミーシャは2007年6月1日に13歳8ヶ月の命の幕をおろしました。

あとからどんどんと増えた兄妹ニャンコをどう思っていたのかな?ってずっと気になっていて・・。
聞いてもらったところ、数年間末っ子だったブラウンの事は守ろうとしていたみたい。
ぶーちゃんは我が家に迎えた頃まだまだベビーで、母や下の弟がミルクやポカリをあげて育てた子。
早くに親元を離れたせいか他の子に比べて身体が小さいから、そのせいもあって守ろうとしていたのかもしれない。

みーしゃ2.jpg

(これぞまさに箱入り娘・・)


ミーちゃんは実家のニャンズの中ではボス的存在で、家の外によそ者ニャンコが来ると真っ先に走っていって『シャーッ!!』とか『フゥーーーッ!!!』って追い払ってたの。
そんな存在だったこともあってか、自分がくつろいでいる時に邪魔されるのは嫌いだったのよね。
自分が気持ちよく寝てる場所を奪おうとしたり遊ぼうよ、なんて誘われたりすると怒ってたな〜。
って、言うのもコミュニケーターさんには見えたそうです。

他のニャンコたちを迎えたことをどう思っていたのかも聞いてみたかったことのひとつだったんだけど、
『んふふ。そうねぇ。うるさいなぁと思った事もあるけど、それでもたのしかったわよ。
 みんなそれぞれに思っている事もあるって解ったし、良い勉強になったわ。』

オレンジ色はコミュニケーターさんが伝えてくださった内容です)
って。
ミーちゃん、大人だったのね・・って感じちゃった。

コピー 〜 IMG_7477.JPG

(一番小さなぶーちゃん。3キロ台です)


母が好きなものは?
って聞いてもらったら
『んふふるんるんそんなの決まっているじゃない(笑)わたしに決まってるでしょ』って答えたらしい(*≧m≦*)ププッ
ミーシャらしいといえばミーシャらしい・・。

実家のニャンズの中でも一番長く一緒に居たせいもあって、ミーシャの存在はとても大きかったんだよね。
だからこそ、亡くなった時は本当にショックで、アタシも母もそして弟達もかなり落ち込んでた・・。

アタシが一番聞いてみたい、って思っていたことが
『 もっと早くに気付いてあげられていたらもっと長く一緒に居られたのかな?』ということ。

徐々に痩せていくミーシャを見ていて、歳をとったからかなぁ?
なんて話をしていたのは随分前の話なの。
でも、実はそうじゃなかったみたいで、病院に連れて行った時にはもう長くはないかも、って話をされました。
一週間くらい入院していたんだけど、回復が見込めない、と獣医さんから聞いて、母とも相談して最期は自宅で・・。そう考えて迎えに行ったその日の夜、ミーシャは天国に行ってしまった・・。

もっと早くに病院に連れて行ってあげられたら、もっと長く一緒に居られたのかな?って思ったらものすごく申し訳ないことをしたと思って、ずっと引きずっていたことなの。
そしたらミーシャは
『そんなことないわ。気付いてもらえたとしても、わたしの運命は決まっていたから一緒に居られた時間はそんなに変わりなかったと思う。
それよりも、わたしは充実した人生(猫生)だったから満足しているのよ。
おねえちゃんにもお母さんにも悲しませてしまって申し訳ないけど、
申し訳ないって気持ちより、家族として過ごせた事に感謝しているの。
わたしが旅立った事は誰の所為でもないし、わたしが決めた事だから。
病院なんて行きたくなかったし、お家に居られて良かったわ』

って。

もうね、これ聞いてまた号泣・・。
って、書きながらまた泣いてるけど・・。

コピー 〜 IMG_7437.JPG

(マイペースな性格クレちゃん)


それでも何かしてあげられる事があったんじゃないかな?
って、コミュニケーターさんが聞いたら
『そんな事ないわ。もっと一緒に居たかった気持ちも、もちろんあるけど
お母さんやおねえちゃんは、わたしの為に一生懸命してくれたでしょ?
それを解っているし、色んな事で手を煩わせたくはなかったのよ。
だから、わたしが旅立った事を悲しい思い出にしないで。
わたしと一緒に過ごした楽しい時間を時々で良いから思い出して欲しいわ。』

って・・。
本当にね、何にもさせてくれなかったの。
もっと手をわずらわせてくれてよかったのに・・って思うほど何も・・。
病院から帰ってきても具合が悪そうな様子はずっと続いていて、それでも長く一緒に居たい、って思っていたのに、あっという間に息を引き取ってしまった。

病院が嫌いだったミーシャ、入院中毎日お見舞いに行ってたアタシに一生懸命『おうちに帰りたいよ〜』『連れて帰ってよ〜』って話しかけているような気がしてならなかったの。
病院ではなく、母と私の目の前で息を引き取ったミーシャ。
その瞬間の事は今でも目に焼きついていて、思い出すたび涙が溢れてくる。

IMG_7559.JPG

(問題児モモ・・唯一の男の子。去勢してても自我が強いらしい)


ちょうど、ミーシャのセッションをお願いする前にアンの結果を聞いていてね。
2007年6月1日に亡くなったミーシャが、2007年6月7日にアンジェラとして産まれて来ていたりなんかして!?
って思って
『もう、既に生まれ変わっているの?
生まれ変わっているのであれば、今はどんな姿でどこにいるの?
私の近くにいるの?
アンジェラとして新たに私の元に来てくれている?』
なんて質問もしてもらったんです。

そしたらミーちゃんってば
『それは秘密^^』←とてもいたずらちっくにイヒヒ♪って感じで。
そう答えたんだって・・。
『おねえちゃんがそう思いたいのなら、そう思ってくれていいし、何処でどんな形であろうとわたしはわたしだから』

確かにどこでどんな姿かたちをしていてもミーたんであることに変わりはないだろうけど・・・。

コミュニケーターさんにも姿形は見えなかったけどアタシの周りを取り巻く優しい空気の様な存在でミーちゃんがいるように感じたそうです。

コピー 〜 IMG_7664.JPG

(モモの姉妹、姫。ちょービビリで、アタシが行っても姿をくらます。。)

最後に、ミーちゃんから私に伝えたいことはあるか聞いてもらったら
『言葉にならない感じで、イメージだけが伝わってきました。
ハート形のありがとうがいっぱい溢れていて、生まれ変わりの事について謎掛けを出している様な感じ。
風船の様な、クッションの様な濃いピンク色のハート形に白文字で「ありがとう」と書かれているものが溢れんばかりにいっぱい降って来て、とても綺麗でとても可愛らしくて、姉ちゃんさんやお母さまに感謝の気持ちを送っている様に感じました。
 そしてミーシャさんが亡くなられた事に対し、後悔と言うか、自分を責める様な事を考えないで欲しいと。』
って。

たくさんのありがとうを伝えたかったのは私の方なのに、結局きちんと伝えられずに最期を迎えてしまった・・。
そんな想いをまるで見透かすかのようにミーちゃんが伝えてくれたことが嬉しくて、切なくて・・。

いつまでもミーちゃんはアタシにとって大切な大切な存在なんだな、ってこのセッションを通して改めて感じました。

今は悔やむよりも、一緒に過ごせた事を嬉しいと感じているし、きっと、ミーちゃんの気持ちもいつか母や弟達にも伝わるんじゃないかな?って思います。

亡くなってからしばらく、実家にはミーちゃんが居るような気がしていた私。
元々、見えるわけではないんだけど、感じることがある私が感じていたミーちゃん・・、それがいつの頃からかなくなったんだよね。
だから、アンジェラとして生まれ変わっているのかな?なんて思ったけど、このセッションを受けてからは、まだ生まれ変わっていないように感じています。
なんだろう?まだ、この世にいない、と思うというか・・。
アタシの感覚でしかないですけどね。
いつか、生まれ変わってまた私達の元に戻ってきてくれたら・・と今は願ってます。


やっぱり長くなってしまったけれど、最後まで読んでくださった皆さん、ありがとう。
亡くなってしまった子に対しての気持ちって、今生きている子に対してよりもきっと何も出来ない、何もしてあげられなかったって思う分大きくなってしまうんだろうな。
でもね、きっと、皆さんにとってのそんな存在の子たちも、ミーシャと同じように『ありがとう』を伝えたい、って思ってくれているのではないかな?って思います。
ワンコブログだけど同じ気持ちを抱えていらっしゃるかもしれない方の気持ちが少しでも癒されることを願って、記事にしました。

最後におまけでアタシの髪型載せちゃいます( ̄▽ ̄;)アハッ
ニックネーム AMママ(あむまま) at 01:00| Comment(19) | TrackBack(0) | アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

アニマルコミュニケーション アンジェラ編A

@の続きです。
ご興味のある方はご覧くださいね。
コチラも長いです・・。


(コミュニケーターさんが写真を通してアンジェラと話してくれた結果は赤色で表示しています。)

■ ママに伝えたいことがあったら、教えてくれる?
「ママ、私はこの家族が大好きよ。一緒に暮らせて、とても幸せ。」
(ここで、アンジェラちゃん自身のエネルギーが、うまく循環していないような感覚を受け取りました。)
「今の私は、こうありたいと思って生まれた私ではなくて、私らしい生き方をしていないの。ママ、でも私、変われるわ。だから、あきらめないで」

(実は、コミュニケーションの間中、始終アンジェラちゃんが自分の名前に違和感を抱いているような感覚がつきまとっていました。そこで次の質問をしてみました)


この家族が大好きで良かった揺れるハート
一緒に暮らせてママも本当に幸せだと思ってるよ。
でも、今のアンはアンらしくない生き方なんだね・・。
マリンを迎えてからのアンは少し変わったよね。
それまではワンコと遊ぶ、と言うことがほとんど出来なかったし、他の子とご挨拶すらまともに出来なかったのが、今ではマリンとは一緒に遊べるし、その時によってはご挨拶に行けるもんね。
アンは変われるとママも思うよ。
ママも変わるから、一緒に頑張ってほしいな
でも、名前に違和感って?

■ アンジェラちゃんは自分の名前が好きですか?
「今の私らしい名前だと思う。融通が利かなくて頑固。でも、本当の私とは違う」

■ 名前をつけてくれたのは誰か、教えてくれる?
「ママ。本当はとってもステキな名前なの。でも、同じ名前でもその子のもつエネルギーに馴染むかどうかで、波動が変わってくるものなの。たまたま私には合わなかった。」


・・確かに、融通が利かなくて頑固だよね・・。
でも本当のアンジェラとは違うの?
ママとパパとでアンジェラ迎えた帰り道に話をしながら考えたんだよね。
最終的に決めたのはママだった。
って、エネルギーになじむかどうか?波動?そんな深いものなんだ・・。
アンジェラ、っていう名前はアンには合ってなかったの?

■ 名前を変えてもいいと思っているのか、教えてくれる?
「ええ、喜んで!変えたいわ。私らしくなるために」


アンがアンらしく居られるなら、ママもそのほうが嬉しいなかわいい
名前を変えるのはマリンも経験しているし、きっとアンジェラに合う名前が他にあるんだよね


お誕生日ケーキ.jpg

(アンジェラのお誕生日の日のケーキです)

■ どんな名前がいいのかな?
* もっと短い名前(2〜3文字)
* ま行の文字が入る
* 「ミル」「ミルク」?


アンジェラ、って長すぎる?
ま行かぁ〜、ママもパパもマリンもま行の名前だからアンもま行になったら家族全員イニシャルがMだね(*≧m≦*)ププッ


■ ママは急に名前を変えるのは気がすすまないんじゃないかしら?
「試しに数日でいいから、新しい名前で呼んでみてくれる?」


ママは全然抵抗ないよ〜。
ひょっとしたらパパは・・と思って聞いてみたけど、パパもいいって。
ちょっとアンに合う名前、考えてみるね
いろいろ呼んじゃうけど『それがいい』ってのがあったら、教えて欲しいな。


■ 分かりました。ママにお伝えしますね。ありがとう!じゃあね、さようなら。

尻尾を振りながら嬉しそうにチョコチョコと小走りで去っていく姿をお見送りしました。


シッポを降りながら嬉しそうにチョコチョコと小走り・・。
アンの嬉しい時の歩き方なんですよね
おちりふりふりルンルンしてる感じ。


はんぶんこ♪.jpg

(一個は多いから、マリンと半分こだよ)

------------------------------------------------------------------------------------
【ご提案/解決策】

* アンジェラちゃんの犬のお母さんがご健在で、会いに連れて行ってあげられるようでしたら、一度行かれるといいかもしれないです。過去のトラウマを癒す効果があるかもしれません。
* 名前については、新しい名前でしばらく呼んでみて様子をみると良いかもしれません。
* バッチフラワーレメディ → スターオブベツレヘム(トラウマ)
                   ウィロー(被害者意識)
                   クラブアップル(自己嫌悪、神経質)
------------------------------------------------------------------------------------


産まれて三年経って、お互いに忘れているかもしれないけれど、それでもアンのお母さんに会わせてあげる事が可能であれば・・と譲り受けたブリーダーさんにはご連絡をしてみました。
ですが、やはり生後三年が経っているワンコが母犬と会うのは無意味だと言い切られてしまいました。
現実を見られた方が良いと思います。
人間を含む全ての動物は 様々な遺伝子を持ち、様々な性質 気質を持っていますね。
先天的なもの、後天的なもの いろいろです。
犬は 母子を1ヶ月別で管理すれば 全くの他人になりえる生き物です。
とも・・。

譲り受けた後、一切連絡をしなかったにも関わらず唐突に連絡をしたアタシもアタシなのですが、理解困難なことをいっている、と思われたんでしょうね。
ブリーダーという犬に関わる仕事をされているから尚更そう思われたのかもしれません
実際、言われるとおりかもしれません。
でも、会わせてみたかったんです。
それがどうなのかはその後で判断すればいいことだと思ったので。
会わせてみたら何かが変わったかもしれない・・そう期待するのは悪いことなのでしょうか?

アンを譲り受けた委託先のブリーダーからそう言われてしまってはもうどうしようもないので、諦めるほかありませんが・・。


アニマルコミュニケーション自体も賛否両論あるとおもいます。
あって当たり前だと思います。
人間一人ひとり考え方や価値観が違うんだし、色んな意見があって当たり前。

そんなことは百も承知の上。
試すことに価値があるかどうかを決めるのはあなたじゃないです。と言いたかったけど異なる意見の持ち主がメールをいくらやり取りしても溝を埋めるのは困難なのでやめました。
メールでは伝えきれないので携帯にお電話ください、と言われても、完全否定されているなか電話する気持ちにもなれませんでした。
もう少しオブラートに包んだ物言いをしていただければ気持ちのいいやり取りができたのに・・と思うと残念でなりませんが・・。

ま、世の中にはどうしたってかみ合わないこともありますからね。
他の方法を実践していくのみです。

まだ??.jpg

(マテの間も目が合うと唸るんだよねぇ・・誰も取らないって・・。)


名前に関しては、コミュニケーションの内容をお聞きした後からいろいろと試しに呼んでみています。
が、しっくり来るものが見つからず・・。
アンジェラ、と言う名前が私達の口にも頭にも定着しているから尚更なんだろうな・・。

以前にもお話しましたが、アンマリにはネコ娘さんの所で『ハーブリキッド リラックス』をお願いして続けています。
その効果もあってか、アタシ達の対応の仕方を変えたせいもあってか、以前に比べたらワンワンの度合いも改善されているんですよー(長音記号1)
それらに関してはまた後日改めて書きますが、バッチフラワーレメディのミムラスは以前アンジェラに与えていたことがあって、そのときも少し変わったかな?とは思ったのですが、2本ほどでやめてしまったんです。
なので、バッチフラワーレメディも併用してみようかな?とは考えているのですが、とりあえずは名前から・・とまだ購入にいたらず・・。
先にレメディからかな( ̄▽ ̄;)ハハハ

先にも述べましたが、アニマルコミュニケーション自体にも色んな意見があると思います。
私は信じているし、実際にアンジェラと話してもらって、納得いく部分があったり、何故そんなに分かってしまうのだと驚く部分があったり・・。
信じる信じないは個人の自由ですし、受けるか受けないかも飼い主さんの判断でいいと思うんです。
占いを受けるのだって同じですよね。

今回のアンジェラとのアニマルコミュニケーションで、アタシは救われた部分があったし、アンの気持ちが分かったと思っています。
なので、アンがアンらしく居られるために、これからも前に進んで行きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)

色んな経験から他の人やワンコも怖くないんだ、って思ってもらえたら嬉しいし、ガウガウしなくてもいいんだ、って思えたらきっと今より気持ちが楽になるよね。
ママも頑張るよ〜exclamation


長々お付き合いくださいました皆様、ありがとうございました。
まだまだガウガウアンジェラですが、いつかきっと変われる日が来ることを信じてみんなで協力していきたいと思います
お会いした時に変わってなかったら、まだ時間がかかるんだ・・と思っていただければ嬉しいです。


ニックネーム AMママ(あむまま) at 23:55| Comment(36) | TrackBack(0) | アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニマルコミュニケーション アンジェラ編@ 

白川郷、とてもステキなところなので、皆さん、機会があったら是非訪れてみてくださいね。


先日ちょろっと書いたけど、今日はアンジェラとのアニマルコミュニケーションについて書こうと思います。
興味のない方はスルーしていただいて構いません〜exclamation


皆さんはアニマルコミュニケーターさんってご存知ですか?
志村どうぶつ園を見られている方なら分かると思います。
番組に出てくる『動物と話せる女性 ハイジさん』もその一人。

アンジェラやマリンが何を考えてるのか、どう思ってるのか、その気持ちを知ることが出来たらいいのになぁ、ってず〜〜っと思ってました。

でも、お願いするには勇気がふらふら
小心者のアタシはなかなか一歩が踏み出せずに居たんです。


そんな中、とあるコミュニティで募集が・・。
今回は『問題行動』『身体の問題』『亡くなった動物』という三つのテーマに沿った内容での依頼が出来る、というものでした。

アタシが一番悩んでいるのは、アンジェラのワンワン、ガウガウ・・。
マリンに関しても悩みはあるけれど、それよりもアンジェラ。

ドコで誰にあっても吠えちゃうアンジェラ。
常時緊張していることそのものも本人にとっては疲れる原因だと思うんですよねたらーっ(汗)
もちろん、相手の子に向かって行くから、いつか怪我をさせてしまうのでは?逆にケガさせられてしまうのでは?という不安も私が常に感じていることなんです。

少しでも気持ちが楽に過ごせたらいいのに・・と思って、今回は『問題行動』のテーマに沿ってお願いしました。

アタシがコミュニケーターさんにお渡しした情報は名前、年齢、性別、体重、犬種をはじめとして相談内容でもある動物さんにたずねたいこと『玄関のチャイムや知らない人、知らないワンコに対してどうしてワンワンしちゃうの?』『ご飯の時や大きなオヤツの時、どうしてガウガウしちゃうの?』ということのみ。
あとは写真を2枚添付しました。

ANJELA.JPG


anjela.JPG



昔から文章を短くまとめるのが苦手なアタシ・・うまく抜粋できそうもないので、ほぼ全文になります。
長くなっちゃったので、二つの記事に分けますね。
ご興味のある方はご覧くださいませ。


(コミュニケーターさんが写真を通してアンジェラと話してくれた結果は赤色で表示しています。)

※ アンジェラは非常に賢いワンコ。コミュニケーションのとき、コミュニケーターさんが質問をする前に、すでに今回のコミュニケーションの意図を理解していて、検証可能な質問をしている最中に、「それよりも、、」という感じで、自分から核心について話し始めた。

■ アンジェラの印象
* 活発でお散歩が好き、お散歩のときは率先して前を歩く感じ(グイグイ引っ張るほどでもない)
* 抱っこはあまり好きではなさそう
* 車に乗るのが好き
* とても聡明で、相手のエネルギーに敏感に反応した上で、社交的に会話のキャッチボールをするタイプではなく、思いを一気に伝えるタイプ(コミュニケーション中も、こちらの聞きたいことをすぐに察知してすべてまとめて答えてくれることが多かった)


お散歩は好きな子。
普段のお散歩でも、何か気になるものが前方にない限りは引っ張ることはなく、少し前か横を歩きます。
車に乗るのはどこかに連れて行ってもらえると思うからか、大好き。
お散歩に出たときでもまず車に行こうとするくらい・・。
抱っこは自ら『抱っこして〜』と来る時はされるんだけど、抱こうとすると唸ったり逃げたりなんです・・わがままだよねぇ・・。


お誕生日ごはん.jpg

(アンジェラのお誕生日の日のご飯です)

■ 好きなことは?
* 撫でられること(体を足にくっつけてくる映像)
* ボール遊び(川岸の原っぱのような場所で、投げたボールを取ってくる姿)


撫でられるのは大好きexclamation
撫でろ、と鼻でぐいぐいと要求してくることも多々あるくらい。
以前川原でゴルフボールを見つけて遊んだことがあるんだけど、その時普段なら外でボールになんて興味を示さないアンジェラが大喜びで追いかけていたんですよね。どうもそのことみたい。

* (聞いている間、アンジェラちゃんの心がせわしなく動いている感覚、気がはやる感じを受ける。  「大丈夫。リラックスしてね」と伝え、落ち着いてきた所で、「ほかに好きなことはある?」と質問を続けました)
* すると、質問には答えずに、何かを訴えるような目でこちらを見つめている様子。

■ アンジェラちゃん、何か話したいことがあるのね。教えてくれる? 
*うなずく感覚
伏せて落ち込んでいる感じのアンジェラちゃん
「どうしたの?」
「ママがあなたに頼んだの、知っているわ。ママの質問も分かってる。
私は怖がりだし短気なの。チャイムが鳴ると、それだけで警戒してたくさん吠えちゃう。知らない人がうちに来るのがイヤだから。
知らない人って何されるか分かんないから嫌い。人間は大きいから、すぐ構えちゃう。
他の犬も、イヤ。仲良くしたいと思うより、私に危害を加えないで、って思いの方が先にきちゃう。
食べている最中に手を近づけたら、「やめて!」って言っちゃう。その時は、どんなに大事で大好きなママでも、とっさに攻撃しちゃうの。。
でも、心の中では落ち込んでいるのよ。私ってどうしてこうなのかな。。」


いちばんはお肉♪.jpg

(ご飯の時はいつにも増してぴりぴりしてます・・)

アンジェラ自身がコミュニケーターさんに自ら話を始めたそうなんです。
それにビックリ・・あせあせ(飛び散る汗)
確かに、事前に『コミュニケーターさんがアンジェラに話をしに来るからね。』『ママはアンちゃんがワンワンしちゃうことに悩んでいるの。どうしたらワンワンしないで済むのかなぁ?コミュニケーターさんとその話をしてくれる?』って伝えてはありました。
それで、自分から今回のことを話し始めたみたい。

コミュニケーターさんの話されることは見事当たってる・・。
怖がりだし、短気だしすぐに吠えるし。
知らない人には必ずと言っていいほどワンワンしちゃうし、怖いんだろうな、と言うのは様子を見ていても感じてたことなんです。
チャイムが鳴ると必ず吠えるし、他のワンコに対しても『こっちに来ないで!!』ってアピールしてるし・・。
食べ物への執着はかなりのもので、ご飯や大きなオヤツを食べてる時に手を出して噛まれたこともあるんですあせあせ(飛び散る汗)

でも、アタシやパパに対して唸ったり噛んだりした後はしょんぼりするアンジェラ。
いけないことをしちゃった・・って顔をしてケージで小さくなってることが多いんだよね。
自分でも歯止めが利かないんだろうな、って思うので、ご飯の時は興奮がおさまらないとあげないし、大きなオヤツの時はそっと見守るようにしています。
小さなオヤツは平気なのにね。
そこも見事に言われるとおりなのは驚きだったなぁ。

にばんはヨーグルト♪.jpg

(お肉→ヨーグルトの順番で好きってことなんだろうか?)

■ アンジェラちゃん、何がきっかけで、知らない人や犬が怖くなって苦手になったのか覚えていたら教えてくれる?
* アンジェラちゃんのとても深い悲しみと、どこにもぶつけられない憤りの気持ち
「私は、もっともっと(犬の)ママのそばにいたかった。あの時の私には、まだママが必要だったの。でも、私の気持ちとは無関係にママとは引き離された。その時の私は、まだ幼くて、何が起こったのか分からなくて、怖くて怖くて。。ただ自分を守らなきゃ、って思った。ママはとても優しくて、今は誰より本当に大好きよ。でも、心のどこかにまだわだかまりがあったのね。。。ごめんね、ママ。」


これには本当に驚きexclamation
まさかアンの心の闇となっているものが幼少時の記憶だなんて・・。
確かに、生後8週ちょいでもうあむ家に来たんだもんね。
7月末には譲り受けたブリーダーさんのHPに載っていて。しかも、そのブリーダーさんは委託でアンジェラを譲り受けていた。
ってことは生後6週くらいでもう親元を離れていたことになる。

そう考えても、親兄弟から学ばなきゃいけないことだって学べずに来てるんだよね。
ビビリなアンジェラが親元を離れて自分を守らなくちゃ、って思ったのは自然なことだろうな、って思ったよ。
分かってあげられずに怒ったこともあったよね。
ごめんね・・。
でも、もう同じ繰り返しはしないよ。アンジェラの気持ちも分かってあげられたし。

あげないんだから!!.jpg

(要らないし・・)

■ つらい思いをさせてしまって、ごめんね、、アンジェラちゃん。でも、ママとパパは、アンジェラちゃんがこの世にこうして生まれてきたことを、何より素晴らしいことだと思っていて、アンジェラちゃんが幸せに生きることを心から願っていますよ。
「うん、分かってる。ママ、大好きだよ!」

* ここで、アンジェラちゃんのトラウマが癒されれば、ワンワンやガウガウが改善される、という感覚を受け取りました。また、お話をしたことで、アンジェラちゃんの気持ちがとっても軽くなった感覚も受け取りました。


本当にそうなんですよね・・。
アンがいてくれたからアタシは立ち直ることが出来たし、もちろん、パパもアンがいてくれたからママを支え続けることが出来たんだと思う。
ママやパパにとってアンはかけがえのない宝物だもん。
だからこそ、アンには幸せな毎日を過ごして欲しいと思うし、不安なことは減らしてあげたい。

うみゃいッ!!.jpg

(喜んでもらえてよかったわるんるん

■ ママが検証できることについて、質問していい? → 「いいよ」
  好きなことについて、もう少し教えてくれる?
* (画像どおり)雪の中の散歩
* 耳が長くて垂れていて、白と黒の模様のある長毛のワンちゃん(たぶん同い年くらい)と遊ぶこと
* 幼い子?アンジェラちゃんはその子のことが大好き。私はお姉ちゃんでその子を守る、という気持ちを持っているよう。(1−2才の男の子?)


雪の中の散歩、は本当に嬉しそうに歩くんですよねぇ〜。
寒くて震えてしまうから、と去年はほとんど雪山に遊びに行くことがなかったんだけど、近所の散歩よりもずっとイキイキしてるのぴかぴか(新しい)
耳が長くて垂れていて ・・って言うのはまさにマリンのことだよねひらめき
年齢も近くて、色もその通り、耳も垂れてるし。
マリンと遊ぶときのアンジェラは他の誰と遊ぶときとも違う姿なんですよ〜
他の子に対しては自ら遊びに誘うことってあまりないんだけど、マリンには毎日。
そっか〜、マリンと遊ぶの、好きなんだね〜るんるん
確かに、ほんと楽しそうだもんなぁ(*≧m≦*)ププッ
1、2歳の男の子・・友人の子のことを言ってるんだと思うんだよね〜。
最近あまり会ってないからアンの中で年齢が止まっている可能性も否めないけど、3人いる内の誰かだな。うん。
今度気にしながら見てみようっとグッド(上向き矢印)



続きは次の記事で。


ニックネーム AMママ(あむまま) at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする