2010年08月10日

応援とご心配をありがとうございました。

たくさんの方にご心配頂き、たくさん応援してもらった実家のモモ。

今日10日15時頃に7歳2ヶ月で息を引き取りました。

下の弟と私とで実家で看取ることが出来ました。

大好きだったであろう母に看取ってもらうことは出来ませんでしたが、きっとそれもモモ自身が決めたことなのだと思います。

亡くなったあと、上の弟も顔を見に来ることが出来ました。


仕事を終えて帰ってきた母と下の弟と、母の実家に行き、三年前に亡くなったミーシャの隣に埋葬しました。

きっとミーシャが迎えに来てくれることと思います。

この一週間の間に色々な事を考えさせられました。
少しづつ少しづつ受け入れることも出来ました。

携帯からの更新で写真もなくて本当にすみません。

たくさんの応援と、たくさんのご心配、本当に本当にありがとうございました。
こうして色々な方にお声をもらえて、モモは幸せ者です。

今日は実は私の誕生日でもありました。
忘れられない誕生日になりました。
きっとこの先ずっと誕生日を迎える度に思い出すんだろうな。。


そして、このところモモ程ではないけれど痩せて来ていた実家の猫、ブラウン。
ただの夏バテならいいけれど、と念のために今日受診し、採血をしたところ、腎臓の働きが低下していることが発覚しました。
内服薬が三種類も出て、夕方母が飲ませましたが、ただでさえ抱っこが好きではないので爪切りも嫌がり長いまま。。
二人がかりでも激しく抵抗し何とか飲ませました
まずは爪切りが必要です。。

モモちゃんが気付かせてくれたのかも知れません
ミーシャが亡くなった時にもっと早く気付いて病院に連れていってあげていれば、何か違ったのでは?
と後悔していた私。
それからは少し様子がおかしい、体重が減った、っていうのはサインなのかな?って思うようになりました。
アンマリはすぐに病院に連れていかれて迷惑しているかもしれないけど、素人の私では見つけられない症状も獣医さんなら見つけられるかもしれない、って思うから。

あの時こうしていれば、って後悔はしたくない。
ちょっとした変化も気付いてあげたい。と思っています。
だから、ぶーちゃんも、頑張れ!!

モモを埋葬に行きたいと言った私に文句一つ言わずに送り出してくれたパパ、長時間のお留守番を頑張ってくれたアンマリにも感謝してるよ。
ありがとうね。


次回からは通常のブログに戻りたいと思います。

本当にありがとうございました。

ニックネーム AMママ(あむまま) at 23:59| Comment(18) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モモちゃん、旅立ってしまったんですね。
病院でなく大好きなお家で、、ということは
モモちゃんにとってよかったと思います。
また誰にも看取られず、、、と言うことでなく
ママさんと弟さんに見守られながらの旅立ちで
モモちゃんも寂しくなかったと思いますね。

そしてママさんの誕生日だったんですね。
きっとモモちゃんからのいつまでも忘れないでと
いう遺言だったと思います。

ブラウンちゃんの病気が見つかったもの
モモちゃんの思いやりですよね。
モモちゃん、とってもいい子ですね。

ママさん、悲しいですよね、辛いですよね。
看病された時間はモモちゃんが
「覚悟してね」と気持ちの整理を付ける猶予
時間をくれたのでしょうね。

モモちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



Posted by junjun at 2010年08月11日 02:48
junjunさん

モモ、やっと楽になれました。
一泊二日の入院をしたあと金曜日に戻ってきてからのモモはどうしてその身体でそんなに動けるのか、と思わずには居られないほど動いていたのですが、一昨日病院から戻ってきてからは動くこともできませんでした。
やはり家は安心できる場所だったのだろうな、と思います。

病院に入院した状態で夜間に亡くなれば誰もいない、寂しい思いをさせてしまう、と考えていたので、やはり最期は家で、と昨日はもう病院にも連れて行きませんでした。

モモにとって特別な存在である母ではなく、私と弟を看取る相手として選んだのにも何か理由があるんだろうな・・って思っているんです。
母はミーシャの最期を看取った際、とても動揺していましたから・・、そんな気持ちを汲んでくれたのかな?って。


何も私の誕生日に・・と思ってしまいますが、それもきっとモモからのメッセージだったんでしょうね。
忘れることができない日になりました。

ぶーちゃんを病院へ、というのは以前から私が母に言っていたことなのですが、元気だから、と連れて行く気になっていなかったんです。
ぶーちゃんも診てもらった方がいいかなぁ?と母の気持ちが変わったのはモモのおかげかな?

夕べ、早速コメントをくださったjunjunさん。
読みながら泣いてしまい、今朝は目が腫れていました・・。
正直、悲しいしつらいけれど、ひきずっていてはモモも切ないだろうから、前に進める努力を、と考えています。
今朝自宅に戻ったばかりですが、今日はモモが使っていたケージやキャリー、タオルなどの片付けにこれからまた実家に行ってきます。

モモに、そして私達に、優しいコメントをありがとうございました。
Posted by AMママ at 2010年08月11日 10:22
モモちゃん、虹の橋を渡ったのですね。
自分のお家まで頑張った事、大好きなお母様に気遣って、
そしてAMママさんの誕生日に旅だったのは
やはりモモちゃんの意志だと思います。
モモちゃんは、最愛のお母さんが自分の為に涙を流すのを
見たくなかったのかもしれません。自分はいつも遊びに行くように、
ふっとお家を出たんだよって、
いつもと同じお出かけだよ。今回はちょっと遠出するけど
お母さん、心配しないでね、って。
そう思ってほしかったのかも。
そして、AMママさんには、お誕生日にはげんきな頃の僕を
必ず思い出してね、というメッセージだと思います。
毎年AMママさんの誕生日には思い出の中でモモちゃんが
会いに来てくれるんですよ。そういうつもりだったんだと思うよ。

そしてブラウンちゃんの事はきっと旅立つ際の置き土産でしたね。
今は辛いからいっぱい泣いていいと思う。
でもモモちゃんの為に、残された子達の為にも元気になってね。
モモちゃんの御冥福をお祈りいたします。
Posted by まいける母 at 2010年08月11日 11:24
モモちゃん、旅立ってしまったのですね
病院でなくお家で最期を迎えられてよかったと思います
昔飼っていたにゃんこを思い出しました
病院で安楽死をすすめられて泣きながら
家へ連れて帰りました
それから一週間頑張って最後は私の手の中で
息を引き取りました
生きているものは必ず別れがやってきます
モモちゃん、頑張ったからこれからはお空で
ゆっくりしてね

お誕生日だったのですね
なぜこの日にって思いますよね
やっぱり忘れずにいてほしいから・・・
なのかしら

アンちゃんもマリンちゃんもお留守番ご苦労様でした
パパさんもお帰りなさい

まとまりのない文章でごめんなさい
モモちゃんのご冥福をお祈りします
Posted by ゆき・えり at 2010年08月11日 17:06
まいける母さん

こんばんは。
モモ、息を引き取ってしまいました。

そうなんですよね。
全てモモが決めたことなんだろうな、って感じています。
ミーシャの命日もアンジェラの生まれ月の1日だし、モモが亡くなったのも決して忘れることの出来ない私の誕生日。
きっと、その日を選んだのにも何か意味があるんだろう、って思います。

モモ、母に心配をかけたくなかったのかもしれないね、って話をしているんです。
一生懸命移動して出窓の棚に隠れてみたり、二階にあがろうとしたり・・。
母に看取らせなかったのもモモの愛情なのかな?って。

ぶーちゃんのことも、モモが気づかせてくれたこと、そう思います。

まだね、受け入れられなくて、今日も実家でモモの使っていたケージやキャリーなどを片付けたり、掃除をしたりして、一息ついたときにモモが居ない事実を目の当たりにして涙が止まりませんでした。
今も・・。

きっと、時間が経つにつれてこの気持ちはやわらいでいくのだろうけれど、しばらくはこんな感じで過ごすことになりそうです。

他の子たちや、アンマリのためにも早く元気にならなくちゃ、ね。
優しいお言葉、ありがとうございました。
Posted by AMママ at 2010年08月11日 21:46
AMママ こんばんは
モモちゃん 旅立ったんですね
7才では、まだまだ旅立つには早かったですよね・・・
私、モモちゃんの記事は読み逃げしてました
切なくてコメント出来ないんです ごめんなさいね。
涙が出ます・・・
モモちゃん天国で見てくれてますね。

ブラウンちゃん 大丈夫ですか?
しっかりと治りますように。

ママも気疲れしてないですか?
大丈夫?
パパが帰ってきてくれて何よりでしたね。
アンマリちゃん お留守番 ご苦労様でした

ペットは、寿命が短いのが寂しいわね・・・
Posted by ゆうモコママ at 2010年08月11日 21:49
モモちゃん、お疲れ様でした。
今頃はミーシャちゃんとゆっくりしてるかな?

以前受けたアニマルコミュニケーターの方のセミナーで
動物は自分の逝く時を自分で決めるって言う話を聞きました。
モモちゃんの記事を見て、本当にそうなんだな・・と思いました。
いつもより長い出張に出かけてたパパが帰ってきて。。
「お姉ちゃん、お母さんの代わりにボクの側に居てね!」って言ってたのかな?
ご冥福を心よりお祈りいたします。

Posted by ぽち。 at 2010年08月11日 21:51
ゆき・えりさん

モモ、居なくなってしまいました。
本当に、家で看取れて良かったと思っています。
病院で寂しく息を引き取るなんて甘えん坊のモモにとってはとてもつらいことだろうから・・。

亡くなる当日と前日はとても苦しそうで、私も安楽死を考えた方がいいのかな?とも思いました。
でも、頑張ってきたモモを否定するようで・・。
眠るように、ではなかったけれど、私と弟の見守る中、撫でられながら最期を迎えることが出来てよかったかな、と思います。

そうなんですよね。
どんな存在でも、必ずいつか最期を迎えることになる。
頭では分かっているのに、やはりその時はつらいです。

モモ、本当に頑張ってくれました。
ゆっくり休んで欲しい、と思います。

やっぱり、何も私の誕生日じゃなくても・・とは思います。
でも、この日を選んでくれたことで、これから決して忘れることはありませんね。

アンもマリンも、いい子でお留守番していてくれて、本当に感謝です。
パパも無事帰ってきましたし。

暖かいコメント、ありがとうございました。
Posted by AMママ at 2010年08月11日 21:56
ゆうモコママさん

こんばんは。
まだ7才なのに・・って気持ちがあるけれど、この7年の間に色んな思い出を残してくれました。

読み逃げでいいんです。
自分の気持ちを整理できなくて、書くことで整理したかったし、身内にも伝えたかったので。
一番つらい記事なのに、コメントをくださってありがとうございます。

ぶーちゃん、ご飯を変えたら食欲は出てきているので、このまま薬も効いてくれたら、と思います。

私は今日モモが使っていたケージやキャリーを洗ったり洗濯や掃除をしたりして、一息ついたところでモモが居ない、という現実を目の当たりにして一気に気持ちが落ちてしまいました・・。
今までは母や弟達を支えなくては・・と思っていたから気を張っていたのかもしれません。

モモが亡くなったのがパパが帰ってきてから、と言うのも何か意味があるんだと思います。
最期の最期まで一緒に居られましたから。
アンもマリンもいい子にしていてくれて、本当にありがたかったです。

本当に、分かっていて迎えるのだけれど、やはり自分よりも先に行ってしまう、というのは何度経験してもつらいです。

出来るだけ長く一緒に居たい、その為に一生懸命向き合わなくては、と思いました。

切ない気持ちにさせてしまってスミマセン。
こうしてコメントくださって、嬉しかったです。
ありがとうございました。
Posted by AMママ at 2010年08月11日 22:07
ぽちさん

モモ、本当に頑張ってくれました。
色んなことを考えさせられた7年間だったし、この一週間でもまた色んなことを感じ、考えさせられました。
きっと、ミーシャがお迎えに来てくれると思います。

そうなんですよね。
きっと、モモも、自分で最期の日や時間、そして最期の場所を選んだんだろうな、って思います。
母が看取らなかった事もきっとモモが選んだこと。
パパが帰ってきて、アンマリとのお留守番をお願いできる状況になってからということ。
全てに意味があるんだろうな。って。

母と一緒に赤ん坊だったモモと姫を見に行って、モモをもらってくることを決めたのは母なのに、その母ではなく、私と弟を最期のときに一緒に過ごす相手として選んだこともまた何か意味があるんだと思っています。

頭では分かっているのに気持ちがついてこなくて、しばらくは受け入れられそうにないけれど、つらい一週間を頑張ってくれたモモに感謝したいと思います。

コメントありがとうございました。
共感してくださって嬉しかったです。
Posted by AMママ at 2010年08月11日 22:20
モモちゃん、旅立たれてしまったんですね。
7年2ヶ月。決して短くはなかったと思います。
きっと充実した、幸せな、10年分にも20年分にも負けないほどの
7年2ヶ月だったと思うから。
最後の最後の瞬間までこんなにも大切に思われて
幸せじゃなかったはずがないから。

AMママさんのお誕生日を最後の日として選んだのも
きっとモモちゃんはこれから先もその日を
みんなが笑顔で迎えてほしいと思ったからのような気がします。
ちょっとしんどい思いもしたけれど、幸せだったよ。って。
ありがとう。って。

AMママさん、ご家族のみなさん、ほんとうにお疲れ様でした。
寂しい気持ちはなかなか消えないと思いますが
みなさんに早く笑顔が戻ることを
そしてモモちゃんのご冥福をお祈りします。
ブラウンさんも、早くよくなれーっ!!
Posted by やんぴぃ at 2010年08月11日 23:15
モモちゃん、がんばったんだね。
きっと今頃はミーシャちゃんと
虹の橋で元気にしていると思うよ。

コメントが遅れて、ごめんね
あむママお誕生日おめでとう。
おめでとうって気分じゃないけど…
ずっと忘れないでねってモモちゃんからの
メッセージなのかな。
悲しいね。
でも、ずっと悲しんでるとモモちゃんが
心配しちゃうから、いっぱい泣いたら
元気に復活してね!
レスは気にしないで、ブラウンちゃんを
しっかり見てあげて!!
Posted by おねぇ at 2010年08月11日 23:59
やんぴぃさん

7年という月日の中でも、モモはたくさんの思い出を残してくれました。
一番いたずらっ子で、甘えん坊で、いつも人の側に居るような子でしたから。
母と二人で貰い手を捜している子猫を見に行き、母が選んだのがモモでした。
牛柄だから、モーモーちゃん、と安直な命名をしようとしたのを止め、短くモモと名づけたんです。
子猫の頃のモモは本当に牛柄そのモノだったので。

決して忘れることのない日を旅立ちの日に選んだのにもモモなりに考えてのことだったんでしょうね。
今はきっと苦しさからも開放されて、いっぱい遊んでいるかな?

怒涛の一週間でしたが、とても濃密な日々でした。
現実を受け入れるには時間が必要ですが、少しづつでも前に進みたいと思います。

ぶーちゃんにも早く元気になってもらわないと。

暖かいコメント、ありがとうございます。
Posted by AMママ at 2010年08月12日 02:10
おねぇさん

モモ、いっぱい頑張ってくれたよ。
その動きや呼吸を見ていても、楽になりたいよね、って言葉にしてしまうほどだったけれど、やっと楽になれたと思う。

何もアタシの誕生日じゃなくても、なんて思っちゃうけど、それもまた甘えん坊のモモが選んだ日なんだろうね。

何だかあっという間に誕生日が始まって終わったよ。
おめでとうをありがとう。

ホントにね、ふと思い出すと目から水が溢れちゃうんだけど、少しづつでも受け入れていけたら、って思ってる。

さすがに連日お留守番だったアンマリや、出張から帰ってから放置してた夫がいるから、今日からは自宅にいるのよ。
ぶーちゃんは母と帰省してる弟に任せてきた。
弟が戻ったらまた気をつけて覗かなくちゃって思っているけど。
心配してくれてありがとうね。
Posted by AMママ at 2010年08月12日 02:34
AMママさん、おはようございます。
すいません、こちらにもコメントさせてもらいます。
実は8/10って私も忘れられない日なんですよね。。
なので、きっと来年からはAMママさんやモモちゃんのこと、
ふっと思う日になると思います。
モモちゃんはとってもいい子だったんだなって。
家族みんなのことを最後まで想って
そしてお空に旅立ったんだなって。
今頃ミーシャちゃんとあれやこれやとお話してるのかな・・

アンマリちゃん、お留守番頑張りましたね。
みんなほんとにイイコだな。

ブラウンちゃん、お薬飲んで
早く良くなって!!

AMママさんもご家族のみなさんも
お忙しいとは思いますが
どうか・・どこかでゆっくりする時間をもってくださいね。
Posted by えんちゃん at 2010年08月13日 09:39
えんちゃんさん

こんばんは。
度々のコメントありがとうございます。
えんちゃんさんにとっても10日は忘れられない日なんですね。
来年からは自分の誕生日としてよりも、モモのことを思い出す日になりそうです。

モモはわがままな部分も持っていたのに、最期は家族想いな行動をしてくれました。
きっと、今はミーシャが一緒に居てくれているかな。

アンマリはいたずらはせずにお留守番してくれていました。
ま、マリンはうんP自分で片付けてましたけどね・・。

ぶーちゃんはとにかく薬を飲ませるのが大変で・・。
明日の朝までは弟がいるのでいいのですが、そのあとは協力しに来て欲しい、と頼まれました。
一人では絶対ムリですから・・。
そういう点ではワンコとにゃんことでは違うなぁ、と思います。

我が家も今日からお盆休みが始まりましたが、明日は祖母の家にお参りに行って来ようと思っています。
今日はパパが出張明け初の休みだったのでのんびりと過ごしました。
ご心配ありがとうございます。
Posted by AMママ at 2010年08月14日 00:11
モモちゃんのこと、まとめて読んできました。
辛かったね・・
AMママさんたちが最後を看取ってあげられたのが幸いでしたね・・
モモちゃんも自分の運命を受け入れて
安らかに眠りに付けたのでは・・と
信じたい。
男の子ニャンコは短命な気がします。
くーちゃんを始め、亡くなってしまったのはみんな〜7歳の男の子・・・
しかも、最後を看取ってあげることはできなかった私は後悔でいっぱい・・
お母さん、さぞかし辛くて悲しくてやりきれない思いでいっぱいだと思います。
モモちゃん、どうかどうか安らかに、そして
お母さん、早く元気になって下さい。
Posted by くーちゃん at 2010年08月14日 00:18
くーちゃん

読んでくださってありがとうございます。
きっとね、何度もそういう機会を経験しているくーちゃんには苦しい思いをさせてしまったと思います。
ゴメンナサイ。
思い出してしまいますよね。

モモは、自分の意思で、母が居ない時を選んだんだと思うんです。
ミーシャのとき、看取った母は冷静ではいられなかったから、そんな母を心配したんだと思います。
最期の一週間、頑張ってくれたのも、母が受け入れるための時間を作ってくれたのかな?って。
モモは全て分かっていたんだと思うんです。

くーちゃんちの男の子ニャンコは短命な子が多かったんですね。
どちらかと言うと女の子の方が長寿かもしれませんね。
モモは去勢をしても、男の子であることを主張していたから、そういう理由もあるのかもしれません・・

くーちゃんは最期を看取ってあげることが出来なかったんですね・・。
私は絶対に最期まで一緒に居たい、と思う人間なので(どんなに辛そうで、苦しそうであっても、側にいてあげたい、と思うから)そういうことを伝えています。
でもね、くーちゃんのことを想ってくーちゃんが居ない時を選んでいるのかもしれませんよ。
目の前で消えていく命を見守るのは正直とても苦しいことなので・・。
もし、くーちゃんがその時まで一緒に居たいと願うのであれば、いつか来るその時には一緒にいたい、ってみんなに伝えておいてはどうですか?
そしたら叶えてくれるかも。

モモは病気であったとはいえ、やはり一番長く一緒に居た母が一番つらいと思うんです。
今はぶーちゃんのことがあるから、モモのことばかりを考えては居られないみたいだけど、ちょっと落ち着いたらきっと・・と思ってます。
その時に支えてあげられるようにまずは私が復活しなくちゃ・・。

優しいコメント、ありがとうございました。
Posted by AMママ at 2010年08月14日 00:58
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2150958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック